スポーツ整体

前のページへ   次のページへ

(4)スポーツ整体の正しい受け方

  「スポーツ整体を受けたい。明日試合があるので痛めている●●を治したい。痛みを取りたい。」 と言う方は少なくありません。

しかしこれは「スポーツ整体」ではなく「スポーツ障害の治療をしたい」と言う事です。

試合前だから痛みを取りたいと来られても、状態によっては見ただけで帰ってもらう事さえあります。 状態によっては医師に診てもらう必要があるからです。

「スポーツ整体」を誤解しないで頂きたいのは、確かに悪い状態も回復させる事は十分に可能ではあるが、
使うだけ使いっぱなしにして悪化した体を、家電製品の修理の様に即座に改善できる事はほとんどありません。

整体院は体の修理屋ではありません。 強いて言えば体のメンテナンス(維持,保全)屋さんです。 本当のスポーツ整体とは、良い状態で安定的に体を維持保全する事が目的なのです。

「スポーツ整体」は日頃から、体調維持のために受けるのが正しい受け方であって、悪くなるまで放っておいてから治そうとするのでは遅いのです。

考えてみれば、あたりまえの事で誰でもわかる事ですが、
そもそも、一生懸命スポーツを練習するのは上手になるよう自分の体を訓練しているわけです。
体を悪くする事はその方向性とは、当然逆行する事ですから、極力避けるように日頃から自分で意識するべきなのは誰でもわかる事だと思います。

既に悪いところがある方は、少なくとも試合などの1週間前には最初の施術を受ける事が必要です。(もちろん早ければ早い方が良い)
整体を受けると状態としては筋肉の張りなどは取れて良い状態になって行きますが、前日~3日前の初めての施術は、筋肉のバランスが急激に変化する事で、その状態に慣らす調整練習が必要となります。体の状態は好転しても調整不足では、スポーツの結果としては、あまり良い結果にならない事も少なくありません。

やはり一番良いのは、何も悪いところがない状態の時にこそ、それを維持するために定期的に受ける事が本当の「スポーツ整体」です!
・・・しかし、のどもと過ぎれば何とやら・・・で、多くの方が痛める毎に来院されているのが現実ではありますね。
みなさん忙しいので仕方ない事なのでしょうか・・・